1. HOME
  2. ニキビの治療
  3. ニキビが悪化した場合

悪化した場合

放っておくとこんなことに・・・「これ位は平気」は平気じゃないんです

「大丈夫!」と思って放ったらかしだとどうなるの?

「ニキビ」といっても、症状や状態は様々です。
ニキビの始まりである「微小面ぽう」には気づかなかったとしても、 徐々に、悪化レベルがステップをふんでいくとちょっと焦ってきますよね。
特に周りから「ニキビできてるよ」と言われると内心ショックだったり・・・。
何とかせねばと立ち上がる時は、早い方が手の打ちようがあるんです!
悪化してしまう前に、診察で先生に相談してみましょう。自分のお肌の状態がわかりますよ。

ニキビは、小さな毛穴に皮脂がつまり毛穴が狭くなってできます。
それが進んで毛穴が詰まると、面ぽうになり、さらに赤ニキビになって化膿する恐れがあります。悪化して化膿すると、毛穴の奥にある毛包が破壊され、炎症を起こすさまざまな物質が周囲に影響を与えます。
そして、最悪の場合は周囲の組織を傷つけて、赤いニキビ痕ができたり、クレーターになります。ニキビがある肌は、ニキビのできやすい状態になっているわけですから、化膿したニキビのそばにも、微小面ぽうや面ぽうがあるはず。
そこに、炎症を起こす物質が加わることで化膿したニキビがどんどん増えていくことになります。

放置したり誤った対処でこんなことに・・・

「赤ニキビ」を放っておくとお肌の中でアクネ菌が増殖し、ウミなども溜まってしまい、場合によっては、ヒリヒリしてくることもあります。
早期治療を行わなかった場合、あなたのお肌には「クレーター」と呼ばれる、ボコボコしたニキビ痕ができたり、赤くなって色素が沈着してしまいます。
ひどくなってからでなく、早めの診察で悪化を防ぐと共に、改善に必要な時間を短縮しましょう!

クレーター
クレーター ニキビ跡に出来てしまった凹凸を月の表面に似ていることに例えてクレーターと言います。 ニキビ跡には、クレーターのほかにも、色素沈着を起こしているもの、肌の赤みが残る場合もあります。 ニキビによるクレーター肌は、できたニキビを放置した結果、炎症が悪化し奥深くまでダメージを受けた場合や、無理につぶして膿を吐き出させた場合に発生します。
ニキビは最初、肌を隆起させますが、炎症がおさまると今度は逆にへこみをつくってしまいます。それは重症化したニキビが患部の周りの細胞まで一緒に破壊してしまうからです。

tel:0120-617-788

ページトップへ