自己成長因子ステムセルオリジンS-GFによる肌再生効果

ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)注入による
肌内外からの肌再生効果

「成長因子」はもともと体内に存在し、細胞の成長や傷の回復を早めるなどの役割を担っています。
この成長因子が放出されることによってコラーゲンの産生や毛細血管の新生などが促され、結果、お肌の若返りを導きます。 しかし、この成長因子は加齢とともに次第に減少していくことがわかっています。

当院では、レーザーやRF波を使用したアンチエイジング治療により肌内部での成長因子の増殖を促進させ、 さらに肌の表面から幹細胞を培養した方専用の「成長因子 = ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)」を浸透させていく肌内外からのアプローチにより、これまで以上の効果を発揮します。 また、アフターケア用として塗布用「ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)」もセットになっている為、さらなるアンチエイジング効果を期待できます。

ステムセルオリジンS-GF

肌表面から幹細胞由来自己成長因子「ステムセルオリジンS-GF」を真皮まで直接浸透

レーザーやRF波により角質に開いた微細な穴から有効成分を肌の深い層(真皮層)にまで直接浸透させることができます。 当院ではこの浸透作用を利用して「ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)」を肌の深い層(真皮層)まで浸透させることで、肌再生力を高めています。

肌の潤い・弾力性を決定しているのは、真皮の成分の約70%を占めるコラーゲンです。

コラーゲンの線維は、長い棒状の線維が3本らせん状により合わさってできており、線維と線維との間には「架橋」と呼ばれる橋が架かっています。 架橋は線維の結合を強化するとともに、線維と線維の間に水分を蓄える役割を果たしています。 このコラーゲンの性質があるからこそ、肌は柔軟性・弾力性さらに保湿性を維持できるのです。

「ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)」は既存の化学的合成法(アミノ酸を使用した成長因子の合成や遺伝子組替え方法)で生産された成長因子と比較すると、 生体内本来の成長因子と構造的により類似することから、皮膚適合性に優れ、安全性が確保されている点からコラーゲンの生成に有効に働きかけます。

コラーゲン

美肌再生治療フラクショナルCO2レーザー 治療の流れ

  1. カウンセリング

    施術前には、担当する医師がじっくりとカウンセリングを行います。
    カウンセリングでは照射する範囲、フラクショナルCO2レーザーが効果的であるかどうか、皮膚の状態を診察します。
    またカウンセリングでは、どの程度変化するのか、そして施術の流れや術後のアフターケアなどについても詳細に説明しますので、わからないことがあれば、何でもご質問ください。

  2. 施術準備

    顔に照射する場合は、洗顔しメイクを落とします。
    施術中の痛みは少ないですが、痛みが心配な方には麻酔をします。

  3. 施術

    照射部位に照射漏れがないようにマーキングを行います。
    保護メガネを装着し、テスト照射を行い、施術部位に異常な反応がないことを確認後、ご希望の部位にレーザーを照射していきます。 レーザー照射後「注入用ステムセルオリジンS-GF」をお肌に浸透させます。

  4. 施術後

    レーザーの照射後は、アイスパックなどで冷却します。照射部位の痛みや熱感が治まったらお帰りいただけます。
    アフターケア用の「ステムセルオリジンS-GF」をご家庭でご使用下さい。
    施術直後でも効果は実感できますが、1~2ヶ月でさらに効果を実感いただけます。

  5. アフターケア

    施術後に気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

施術の注意事項

  • 施術後赤みが残りますが、お化粧でカバーできる程度です。メイクは翌日から可能です。
  • 洗顔は当日から行うことが出来ますが、なるべくやさしく触れるようにしてください。シャワーは当日から、湯船に浸かっての入浴は翌日から可能です。
  • 治療間隔は3週間以上開けてください。通常は1ヶ月に1回程度の治療となります。日中は紫外線防止のため、遮光クリームを使用してください。

美肌再生治療フラクショナルCO2レーザー +「ステムセルオリジンS-GF」施術費用

美肌再生治療フラクショナルCO2レーザー費用

施術料金については下記よりお問い合わせ下さいませ。

  • 「幹細胞由来自己成長因子30カ所分※の精製」とは、通常全顔で1本を使用するものと換算し「30本分」を精製する事を指します。 レーザー治療やRF波治療の際に注入する幹細胞由来自己成長因子は「精製した30カ所分」からの使用となります。
  • レーザー治療やRF波治療に注入使用する「ステムセルオリジンS-GF」とアフターケア用の「ステムセルオリジンS-GF」は濃度・成分が異なります。 注入用とアフーターケア用の精製比率はカウンセリング時に決定致します。
  • 「幹細胞由来自己成長因子」は、一度の精製で複数の施術に応用使用が可能(フラクショナルCO2レーザー、ヤグ、ダーマスタンプ、局部注入、アフターケア等々)
    W-PRP(1施術当たり2cc程度の精製、一回のみの治療で20万円から26万円程度)と比べても費用対精製量が多くリーズナブルで継続的治療が可能です。 ※「幹細胞由来自己成長因子1本当たり2cc程度」 精製数60本を1本当たりで見ると8,600円程度。


先端アンチエイジング

ステムセルオリジン S-GF(幹細胞由来自己成長因子)とは?

幹細胞とはいろいろな細胞や組織に変化する元になる特殊な細胞です。 幹細胞を体内に入れることによって、傷んでいる部位に幹細胞が集まり、その部位に必要な細胞や組織に分化していくことによって、修復を助ける働きを持つと考えられています。 同時に赤ちゃんが大きくなる時と同様に成長因子が比較的多く分泌されているため、周辺の細胞や組織の再構築を強くサポートすることが期待出来ます。

「ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)」とは、幹細胞を培養する際の培養液に成長因子が多く分泌されている点に着目し、 幹細胞を培養する際の培養液から脂肪細胞片を剥離した、幹細胞を培養した方専用の「成長因子」の事です。

「ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)」が含有している成長因子には、酸性繊維芽細胞成長因子(acidic FGF)、塩基性繊維芽細胞成長因子(basic FGF)、 インシュリン-類似成長因子-1(IGF-1)、インシュリン-類似成長因子-2(IGF-2)、角質形成細胞成長因子 (KGF)、血小板由来成長因子(PDGF)、ヒト形質転換成長因子-アルファ(TGF-α)、 ヒト形質転換成長因子-ベータ(TGF-β)、脈管内皮細胞成長因子(VEGF)、表皮細胞成長因子(EGF)、神経細胞成長因子(NGF)、骨形成タンパク質2(BMP2)、 血小板由来成長因子(PDGFα)又はこれらの混合物からなる群の中で選ばれた成長因子が多く含まれています。

また、「ステムセルオリジンS-GF(幹細胞由来自己成長因子)」は、既存の化学的合成法(アミノ酸を使用した成長因子の合成や遺伝子組替え方法)で生産された成長因子と比較すると、 生体内本来の成長因子と構造的により類似することから、皮膚適合性に優れ、安全性が確保される利点があります。

さらに、機能的な面でも異性体や3次元構造的に立体特異性が表れない生体内の成長因子と同一形態の成長因子であって、 組替え方法や化学的合成法で生産された成長因子と比較し、より優れた活性が確保される利点があります。

繊維芽細胞増殖能力を比較した結果、脂肪由来幹細胞を利用して生産された成長因子(ステムセルオリジンS-GF)が、既存の合成法で生産された成長因子よりその活性が優れていることが確認されています。

さらに、脂肪由来幹細胞の培養液又はこれより精製した成長因子(ステムセルオリジンS-GF)は、細胞内コラーゲン合成を増加させ、繊維芽細胞および表皮細胞の増殖を促進させる活性があり、 ニキビ跡や毛穴の拡大で凹んだ皮膚を平らにする作用を強めたり、表皮に張りを持たせることで皺を改善する活性が期待できます。

先端アンチエイジングに関して・・・詳しくは当院までお問い合わせください。

tel:0120-617-788

ページトップへ