ニキビ、肌質改善、ケミカルピーリング

このような方に向いています
  • ニキビ・ニキビ跡の気になる方
  • 毛穴の開きが気になる方
  • シワの改善を期待する方
  • シミ・ソバカスが気になる方
  • 肌のキメを整えたい方
  • 肌のハリの衰えが気になる方
  • 肌のクスミが気になる方
  • 脂性肌の方

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、フルーツ酸、サリチル酸などの酸を塗り、表皮の古くなった角質を化学的に融解して剥離、除去し、肌を生まれ変わらせる治療法です。 「酸」というと肌を溶かすイメージを抱きがちですが、実際は代謝の低下している肌に対して、角質と角質の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくする働きがあるのです。 このケミカルピーリング治療に伴う軽度の炎症反応によって表皮再生を促進させ、さらには角化細胞の形状や配列を整え、角質層の構造および機能を改善させる作用が得られ、本来のきめ細かでハリのある肌の組織構成に戻す効果があります。 この作用により、ケミカルピーリングはシミやくすみ、にきびの改善に効果があるのです。特に、にきびには高い効果が認められています。

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングで肌が綺麗になる仕組み

ケミカルピーリングの短期的効果

ケミカルピーリングでは弱い酸を塗ることにより、古い角質や毛穴の中の汚れを溶かす作用があるので、 ニキビ肌の場合、コメドという角質・皮脂・汚れの酸化した塊の頂点を溶かすため自然とコメドの排出が促され、ニキビが出来にくくなるのです。

ケミカルピーリングの長期的効果

ケミカルピーリングは定期的に行うことで肌の新陳代謝があがり、しっとりした丈夫な肌になります。 コラーゲンの生成を促進する作用もあるのでニキビ跡のクレーターも徐々になめらかになり、たるみやしわも改善してきます。 新陳代謝が活発になるとメラニン色素の排泄も促進されますのでシミも薄くなってきます。

ケミカルピーリングの長期的効果

にきびは、皮脂が毛穴に貯留することでにきびのもと(角栓)が形成されることから始まります。炎症が生じますと、赤く痛みを持ったにきびや膿をもったにきびとなるのです。 浅い深さのケミカルピーリングにより毛穴を閉塞させている角質や面皰は排出され、つまった毛穴は開通されるので、にきびは改善され、また、にきびの出来にくい皮膚の状態になります。 また膿をもった炎症性にきびの場合にも、浅いケミカルピーリングにより排膿が促され治癒が促進されるのです。

しみに対しての効果

ケミカルピーリングにより表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進され、表皮内に貯留していたメラニン色素が上行して角質とともに脱落し、また、表面に固着していた角質も均等に剥離されるため、くすみも改善されるのです。 ケミカルピーリングに用いる薬品によっては、薬品が直接メラニン色素に働きかけ、しみを薄くすることも言われています。 しかし、これらの変化は顕微鏡レベルでは証明されていますが、実際に肉眼で確認することが出来るようになるためには根気よく治療を続け、また治療中の遮光などの努力が必要です。

ケミカルピーリングは医療行為として、厚生省から医療機関でのみ行うよう通達をされています。 弱い濃度の酸のみを使用し効果の得られない施術や、逆に強すぎる酸を使用してやけどになるなどのトラブルがおき、問題となったためです。

当院で使用する薬剤

●サリチル酸マクロゴール

サリチル酸をマクロゴールという基剤に溶かした、新しいピーリング剤で非常に効果が高いのに炎症などの副作用が起こらない優れたピーリングです。

  • サリチル酸濃度30%、PH1.7という強酸であるため角質層のピーリングは確実に行うことができる。毛穴の中のピーリングをしっかり行えます。
  • ニキビだけでなく、しわやたるみといった皮ふの弾力の低下による変化に対して真皮内でのコラーゲン産生がおこるため非常に有効です。
  • グリコール酸ピーリングが合わなかったり、効果がなかった人、アトピー性皮膚炎がある人も、今までピーリングは難しかったのですが、症状が落ち着いているときには可能です。(医師の術前診察を毎回行います)

●グリコール酸(フルーツ酸)

最も一般的なピーリングで、効果はマイルドです。2~3週間に1回のペースで行うことをおすすめします。

治療の流れ

  1. カウンセリング

    肌の状態を診断します。

  2. 施術の準備

    クレンジング・洗顔を行います。

  3. ピーリング

    グリーコル酸の塗布・中和剤の塗布。または、サリチル酸マクロゴールピーリング剤の塗布・洗顔・クールダウンをします。

  4. ピーリング後

    UVケア・保湿を行います。

施術費用

施術料金については下記よりお問い合わせ下さいませ。

注意事項

  • 痛みはピリピリ、ムズムズぐらいのレベルですので心配はありません。
  • 角質が痛んでいるとケミカルピーリングが必要以上に深くなるので、ケミカルピーリング前日の顔剃り、パック、スクラブ洗顔は避けてください。 また 1ヶ月以内にほかの治療(ケミカルピーリング、レーザー、電気・ワックス脱毛など)を受けている場合にもピーリングを行えないことがありますので、治療前に担当者にご相談ください。
  • 角質層は紫外線から皮膚を守る働きを担っているので、ケミカルピーリングでは角質層をはがすことにより紫外線が皮膚を通過しやすい状態となっています。 紫外線は、しみや皮膚老化の原因となるので、毎日必ずサンスクリーン剤(紫外線散乱剤を使用した低刺激性・低アレルギー性のSPF18、PA++程度のもの)による遮光に留意してください。 また角質層は皮膚から水分が失われるのを防ぐ働きもあります。ケミカルピーリング後は角質が脱落し保湿力が低下するので、自分の肌にあった保湿剤・乳液等で十分補ってください。

施術に関して

施術時間 30分程度
施術後の通院 特になし
生活制限事項 洗顔 当日より可能
メイク 当日より可能
入浴 当日より可能
シャワー 当日より可能
飲酒 当日より可能

tel:0120-617-788

ページトップへ